スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャップには内緒だぞ!

マーベルの新作映画「アントマン」を鑑賞してきましたので、
本日はこの作品のレビューをしたいと思います!

大企業の不正から義憤に駆られ、得意の電気工学の
知識を用いて義賊の真似をした結果、妻には逃げられ
刑務所で五年を過ごし、今は無職のスコット・ラング。
やがて彼は元仲間の誘惑に屈し、ついには再び盗人
稼業に手を出してしまうが、偏屈な天才科学者、ハンク・
ピムはそんな彼の行動の一切を密かに監視していた。
ピム博士はシールド創設メンバーの一人であり、原子を
操作することであらゆる物体の拡大と縮小を可能に
する「ピム粒子」の発明者でもあったが、その危険性
から化学式は誰にも公開していないとラングに語る。
だが噂は人の欲を呼び込み、ピムの弟子であるクロス
博士もまた粒子の再現に取り憑かれてしまい、このまま
技術が軍事転用されれば世界は取り返しのつかない
混乱に陥るとして、クロスがピムから実権を奪った会社
「ピムテック」の研究データを破棄して欲しいというのだ。
使命の重さに尻込みするラングだったが、ピム博士が
娘を想う姿と、自分が愛娘のキャシーを想う姿を重ね
合わせ、彼はついに戦士となるべく厳しい特訓を己に
課すのだった…というのがおおまかなあらすじ。

原作であるアメコミにおける「アントマン」と言えば、
アベンジャーズ創設メンバーの一人で、しかも例の
「ウルトロン」の産みの親でもあるヘンリー”ハンク”
ピム博士の方がメジャーなのですが、マーベルシネマ
ユニバースでスポットライトが当たったのは、そんな
彼の屋敷に盗みに入ったことがきっかけで「二代目
アントマン」を名乗ることになったスコット・ラングの方。
原作のキャラクター性や関係を踏襲しつつ、設定や
展開に大幅な改変を加えることで、原作ファンでも先の
読めないワクワクするストーリーが本作では提供されます!

さて、スーパーヒーロー「アントマン」の特徴については
三つあって、一つはピム粒子を用いた「巨大化」、一つは
同じ技術を用いた「小人化」、そして残り一つはヘルメットに
仕込んだ特殊な電磁波発生装置で「あらゆるアリを従える
ことができる」というもので、雷鳴を打ち鳴らすハンマーと
共に空を飛ぶ神や、拳一つでビルを灰燼に帰す緑の巨人に
比べると、有り体に言ってしまえば「地味」さは否めません。
ところが、同じく「地味」と言われがちなキャップが「ウィンター
ソルジャー」で彼こそ実写における肉体派アクションで
最も映えるヒーローであることを証明したのと同じように、
ミクロの世界で蟻を従え、所狭しと画面を縦横無尽に
駆け回る彼こそが、近代のVFX環境をフルに扱える、最も
相応しいヒーローであるということを見せつけてくれました。

滝のように落ちる水道水や轟音を立てて埃を吸い上げる
掃除機、巨大怪獣のように暗闇から姿を現すネズミという
特訓シーンに始まり、ペンや携帯が飛び交う落下中の
鞄の中やトーマスのプラレールを舞台にしたラストバトルは、
我々の日常が少し視点を変えれば如何にスリルで溢れて
いるかを説き、そしてまた同様に日常のありとあらゆる
場所に潜む蟻を従え、それぞれの役割を使い分け一つの
軍隊のように蠢かせる様は「キモさ」と「可愛さ」を見事に
両立させており、ユーモアとアイディアの玉手箱のような
本作は、SF・スパイアドベンチャー・ヒーローアクションを
新たな切り口でもって見事に融合させたことを意味します。
軽薄とも取られかねないスコットのノリの良さも話の
テンポに貢献していて、彼のキャラや作品全体の雰囲気に
ついては、途中降板が惜しまれたエドガー・ライト監督の
名残もあってのことなのではないかとも思えたりします。

前述の通り原作をきちんと踏まえた上での噛み砕き方も
すごく上手くできていて、ピム博士の変人偏屈ぶりや
スコットの娘大好きぶりはそのままに、既に故人にされて
しまったヒーロー「ワスプ」に代わる映画オリジナルキャラ
「ホープ」がまるで原作のワスプことジャネットをそのまま
漫画から引っ張ってきたような外見になっているのと同時に、
ラストではちゃんと思わせぶりな引きを用意してくれたりと、
全ては原作愛ありきだということがきちんと汲み取れ、ファン
なら全編至る所でニヤニヤが止まらなくなること請け合い。
忘れた頃、丁度話が落ち着いた頃になって例のジジィが
きちんと登場する演出も吹くし、ほんと抜かりない。

長い間企画のまま映像化が危ぶまれていた作品とあり、
「そろそろマーベル凋落の一端になるんじゃないか」なんて
いらない杞憂を抱かせる不安な一本だったわけですが、
「全然知らないヒーローたち」で作られた超名作・GotG同様、
そんな心配は全く無用で、過去のマーベル映画と比べても
屈指の面白さを誇る、今後のヒーロー映画のみならず
SF作品にも何かしら影響を与えるであろう逸品でした。

シネマバースはこの後なし崩し的にシビルウォーへと
突入していくことが示唆され、ついに満を持して登場する
スパイディの存在にも期待がかかるところではありますが、
もしアントマン個人で続編が作られるのならば、地球や宇宙
規模の危機とは無縁な、中小企業の社長の苦労を描いた
原作スコットの名作コミック「セカンド・チャンスマン」を元に
製作されないかなあ、というのが今最も希望することです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイケル・チバ

Author:マイケル・チバ
シルバーレイン
マイケル・チバ(b30277)
薬師寺・米(b41960)
を経て、
現在はエンドブレイカー!
マーヴィン・ジェント(c06527)
にて稼動中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。