スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナーが人を作る

新作映画「キングスマン」を鑑賞してきましたので、
本日はこの作品をレビューしたいと思います!

国家に縛られず、真の「世界平和」のために設立された、
イギリスに本部を置く秘密諜報機関「キングスマン」。
そのエージェントの一人がとある任務中に殺害され、
組織は急遽欠員の補充を迫られることとなり、その一人
として白羽の矢が立ったのが、優秀なキングスマンを
父親に持ち、自身も人並み外れた身体能力と
強固な意思を兼ね備える青年・エグジーだった。
彼が多数の競合相手と共にエージェントの座を
奪い合っている間にも、組織が追う危険人物、天才
発明家の億万長者だが過激思想の環境保護論者・
ヴァレンタインは、奇想天外な方法で「人口調整」を
行う計画を着々と進めていた…というのがあらすじ。

エンタメ業界の鬼才、マーク・ミラーが自ら立ち上げた
「ミラー・ワールド」という共通の世界観の下、「キック・
アス」や「ウォンテッド」といったコミック作品が作られ、
そしてまたそれらを原案にした実写映画が世に送り
出されてきましたが、今回ご紹介する「キングスマン」も
その「ミラー・ワールド」のうちの一つであり、英国紳士の
スパイが活躍するスタイリッシュアクションとなっています。

監督は「キック・アス」の他にも「X-MEN:ファースト
ジェネレーション」の監督で知られるマシュー・ボーンと
いうことでこれはまず外さないだろうと安心して作品に
臨むことができ、キャストは「シングル・マン」や「英国王の
スピーチ」のコリン・ファースを筆頭に、スパイ映画に
おいては彼抜きに語ることはできないボンド俳優の
マイケル・ケインや、モーガン・フリーマンと並び作品に
B級臭を加えるこくじんとして定評のあるサミュエル・L・
ジャクソンの他、「キック・アス」ではマフィアのダミーコ
親分を演じたマーク・ストロングや「スターウォーズ」以後
ヤケクソ演技に定評のあるマーク・ハミルが脇を固める中、
新人俳優であるタロン・エガートンが主人公となって、
彼らに「一流」となるべく教育されていくのが見所です。

さて、そんな本作の内容なのですが、「プロとはいつ
いかなる時でも紳士であるべし」と常にスーツと傘を
手放さないのが信条の、ポップでキッチュに強調された
エージェントたちが、革靴の先からナイフが飛び出す
例のお決まりの「スパイ靴」に始まり、過去のパルプ作品を
想起させる面白ギミック満載のガジェットをフル活用して
悪の科学者へ戦いを挑むという、まさしくいかにも
コミックをベースにした作品であることを伺わせる、コマの
一つ一つがスクリーンから飛び出してくるようなけれん味
たっぷりのドタバタ活劇を堪能することができます。

紳士のハイソなお上品さとバランスを取るようにして、
マークミラーならではの下世話でお下劣で悪趣味全開な
ユーモアにも溢れており、終盤でボッコボコ人が死ぬのに
罪悪感の欠片も感じない爽やかなまでのカタルシスと
不謹慎な大爆笑をもたらしてくれるのですが、この溜めの
作り方はマシューの功績に寄るところも大きいのでは?
ただの頭の悪い作品に留まらず、きちんと人間ドラマを
描写するのもマークとマシューの「プロ意識」であり、
同様にこの「プロ意識」が作品の一つのテーマとなっていて、
周囲の人間がエリートとして意識を高く持っている中、
「任務に徹するよりも人間として正しくありたい」と願う
主人公・エグジーの青臭さが観客の共感を呼びます。
そうかと思えばやっぱり俗っぽくて女と性欲には
勝てないなんていうのもいかにもスパイ映画っぽくて良い。

スパイ映画スパイ映画と連呼してますが、実はあらゆる
「B級作品」に対するオマージュで溢れているような気が
するのも本作の特徴で、例の障害者アスリート「ブレード
ランナー」を思わせる義足の女暗殺者・ガゼルが
アクロバティックに闘う姿は「キル・ビル」や「プラネット・
テラー」も同時に連想するし、「ここで一日中立っている
つもりか?それとも闘るか?」という台詞は「レザボア・
ドッグス」のブロンドの名台詞のパロディのようで、
タランティーノ作品に妙にオマージュが捧げられている
かと思えば、わけのわからない理由で大量殺戮に走る、
漫画から飛び出してきたようなキチガイヴィランを
サミュジャクが演じた作品と言えば「アンブレイカブル」、
果ては何故だかキューブリックの「シャイニング」みたいな
展開も見受けられたりして、漫画や映画の知識が
あればあるほど元ネタ探しが楽しめる作品な気がします。
そういう意味で言えば、スパイ映画自体はあんまり好きじゃ
ない、自分の知識のなさが今回非常に悔やまれました…

マークミラー原案作品とか、アメコミ原作映画とかより、
古き良きパルプ作品を現代の技術を使って全力で
再現してみたという馬鹿っぽさの方が趣として強くて、
それが間口の広さになって今回全世界で絶賛の
嵐を巻き起こす理由になったのではと考察します。
なので、「ウォンテッド」や「キック・アス」その他
アメコミ映画好きな人に留まらず、B級映画、
馬鹿映画が大好きならば観ておいて絶対損はなし!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイケル・チバ

Author:マイケル・チバ
シルバーレイン
マイケル・チバ(b30277)
薬師寺・米(b41960)
を経て、
現在はエンドブレイカー!
マーヴィン・ジェント(c06527)
にて稼動中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。