スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャップには内緒だぞ!

マーベルの新作映画「アントマン」を鑑賞してきましたので、
本日はこの作品のレビューをしたいと思います!

大企業の不正から義憤に駆られ、得意の電気工学の
知識を用いて義賊の真似をした結果、妻には逃げられ
刑務所で五年を過ごし、今は無職のスコット・ラング。
やがて彼は元仲間の誘惑に屈し、ついには再び盗人
稼業に手を出してしまうが、偏屈な天才科学者、ハンク・
ピムはそんな彼の行動の一切を密かに監視していた。
ピム博士はシールド創設メンバーの一人であり、原子を
操作することであらゆる物体の拡大と縮小を可能に
する「ピム粒子」の発明者でもあったが、その危険性
から化学式は誰にも公開していないとラングに語る。
だが噂は人の欲を呼び込み、ピムの弟子であるクロス
博士もまた粒子の再現に取り憑かれてしまい、このまま
技術が軍事転用されれば世界は取り返しのつかない
混乱に陥るとして、クロスがピムから実権を奪った会社
「ピムテック」の研究データを破棄して欲しいというのだ。
使命の重さに尻込みするラングだったが、ピム博士が
娘を想う姿と、自分が愛娘のキャシーを想う姿を重ね
合わせ、彼はついに戦士となるべく厳しい特訓を己に
課すのだった…というのがおおまかなあらすじ。

原作であるアメコミにおける「アントマン」と言えば、
アベンジャーズ創設メンバーの一人で、しかも例の
「ウルトロン」の産みの親でもあるヘンリー”ハンク”
ピム博士の方がメジャーなのですが、マーベルシネマ
ユニバースでスポットライトが当たったのは、そんな
彼の屋敷に盗みに入ったことがきっかけで「二代目
アントマン」を名乗ることになったスコット・ラングの方。
原作のキャラクター性や関係を踏襲しつつ、設定や
展開に大幅な改変を加えることで、原作ファンでも先の
読めないワクワクするストーリーが本作では提供されます!

さて、スーパーヒーロー「アントマン」の特徴については
三つあって、一つはピム粒子を用いた「巨大化」、一つは
同じ技術を用いた「小人化」、そして残り一つはヘルメットに
仕込んだ特殊な電磁波発生装置で「あらゆるアリを従える
ことができる」というもので、雷鳴を打ち鳴らすハンマーと
共に空を飛ぶ神や、拳一つでビルを灰燼に帰す緑の巨人に
比べると、有り体に言ってしまえば「地味」さは否めません。
ところが、同じく「地味」と言われがちなキャップが「ウィンター
ソルジャー」で彼こそ実写における肉体派アクションで
最も映えるヒーローであることを証明したのと同じように、
ミクロの世界で蟻を従え、所狭しと画面を縦横無尽に
駆け回る彼こそが、近代のVFX環境をフルに扱える、最も
相応しいヒーローであるということを見せつけてくれました。

滝のように落ちる水道水や轟音を立てて埃を吸い上げる
掃除機、巨大怪獣のように暗闇から姿を現すネズミという
特訓シーンに始まり、ペンや携帯が飛び交う落下中の
鞄の中やトーマスのプラレールを舞台にしたラストバトルは、
我々の日常が少し視点を変えれば如何にスリルで溢れて
いるかを説き、そしてまた同様に日常のありとあらゆる
場所に潜む蟻を従え、それぞれの役割を使い分け一つの
軍隊のように蠢かせる様は「キモさ」と「可愛さ」を見事に
両立させており、ユーモアとアイディアの玉手箱のような
本作は、SF・スパイアドベンチャー・ヒーローアクションを
新たな切り口でもって見事に融合させたことを意味します。
軽薄とも取られかねないスコットのノリの良さも話の
テンポに貢献していて、彼のキャラや作品全体の雰囲気に
ついては、途中降板が惜しまれたエドガー・ライト監督の
名残もあってのことなのではないかとも思えたりします。

前述の通り原作をきちんと踏まえた上での噛み砕き方も
すごく上手くできていて、ピム博士の変人偏屈ぶりや
スコットの娘大好きぶりはそのままに、既に故人にされて
しまったヒーロー「ワスプ」に代わる映画オリジナルキャラ
「ホープ」がまるで原作のワスプことジャネットをそのまま
漫画から引っ張ってきたような外見になっているのと同時に、
ラストではちゃんと思わせぶりな引きを用意してくれたりと、
全ては原作愛ありきだということがきちんと汲み取れ、ファン
なら全編至る所でニヤニヤが止まらなくなること請け合い。
忘れた頃、丁度話が落ち着いた頃になって例のジジィが
きちんと登場する演出も吹くし、ほんと抜かりない。

長い間企画のまま映像化が危ぶまれていた作品とあり、
「そろそろマーベル凋落の一端になるんじゃないか」なんて
いらない杞憂を抱かせる不安な一本だったわけですが、
「全然知らないヒーローたち」で作られた超名作・GotG同様、
そんな心配は全く無用で、過去のマーベル映画と比べても
屈指の面白さを誇る、今後のヒーロー映画のみならず
SF作品にも何かしら影響を与えるであろう逸品でした。

シネマバースはこの後なし崩し的にシビルウォーへと
突入していくことが示唆され、ついに満を持して登場する
スパイディの存在にも期待がかかるところではありますが、
もしアントマン個人で続編が作られるのならば、地球や宇宙
規模の危機とは無縁な、中小企業の社長の苦労を描いた
原作スコットの名作コミック「セカンド・チャンスマン」を元に
製作されないかなあ、というのが今最も希望することです。
スポンサーサイト

マナーが人を作る

新作映画「キングスマン」を鑑賞してきましたので、
本日はこの作品をレビューしたいと思います!

国家に縛られず、真の「世界平和」のために設立された、
イギリスに本部を置く秘密諜報機関「キングスマン」。
そのエージェントの一人がとある任務中に殺害され、
組織は急遽欠員の補充を迫られることとなり、その一人
として白羽の矢が立ったのが、優秀なキングスマンを
父親に持ち、自身も人並み外れた身体能力と
強固な意思を兼ね備える青年・エグジーだった。
彼が多数の競合相手と共にエージェントの座を
奪い合っている間にも、組織が追う危険人物、天才
発明家の億万長者だが過激思想の環境保護論者・
ヴァレンタインは、奇想天外な方法で「人口調整」を
行う計画を着々と進めていた…というのがあらすじ。

エンタメ業界の鬼才、マーク・ミラーが自ら立ち上げた
「ミラー・ワールド」という共通の世界観の下、「キック・
アス」や「ウォンテッド」といったコミック作品が作られ、
そしてまたそれらを原案にした実写映画が世に送り
出されてきましたが、今回ご紹介する「キングスマン」も
その「ミラー・ワールド」のうちの一つであり、英国紳士の
スパイが活躍するスタイリッシュアクションとなっています。

監督は「キック・アス」の他にも「X-MEN:ファースト
ジェネレーション」の監督で知られるマシュー・ボーンと
いうことでこれはまず外さないだろうと安心して作品に
臨むことができ、キャストは「シングル・マン」や「英国王の
スピーチ」のコリン・ファースを筆頭に、スパイ映画に
おいては彼抜きに語ることはできないボンド俳優の
マイケル・ケインや、モーガン・フリーマンと並び作品に
B級臭を加えるこくじんとして定評のあるサミュエル・L・
ジャクソンの他、「キック・アス」ではマフィアのダミーコ
親分を演じたマーク・ストロングや「スターウォーズ」以後
ヤケクソ演技に定評のあるマーク・ハミルが脇を固める中、
新人俳優であるタロン・エガートンが主人公となって、
彼らに「一流」となるべく教育されていくのが見所です。

さて、そんな本作の内容なのですが、「プロとはいつ
いかなる時でも紳士であるべし」と常にスーツと傘を
手放さないのが信条の、ポップでキッチュに強調された
エージェントたちが、革靴の先からナイフが飛び出す
例のお決まりの「スパイ靴」に始まり、過去のパルプ作品を
想起させる面白ギミック満載のガジェットをフル活用して
悪の科学者へ戦いを挑むという、まさしくいかにも
コミックをベースにした作品であることを伺わせる、コマの
一つ一つがスクリーンから飛び出してくるようなけれん味
たっぷりのドタバタ活劇を堪能することができます。

紳士のハイソなお上品さとバランスを取るようにして、
マークミラーならではの下世話でお下劣で悪趣味全開な
ユーモアにも溢れており、終盤でボッコボコ人が死ぬのに
罪悪感の欠片も感じない爽やかなまでのカタルシスと
不謹慎な大爆笑をもたらしてくれるのですが、この溜めの
作り方はマシューの功績に寄るところも大きいのでは?
ただの頭の悪い作品に留まらず、きちんと人間ドラマを
描写するのもマークとマシューの「プロ意識」であり、
同様にこの「プロ意識」が作品の一つのテーマとなっていて、
周囲の人間がエリートとして意識を高く持っている中、
「任務に徹するよりも人間として正しくありたい」と願う
主人公・エグジーの青臭さが観客の共感を呼びます。
そうかと思えばやっぱり俗っぽくて女と性欲には
勝てないなんていうのもいかにもスパイ映画っぽくて良い。

スパイ映画スパイ映画と連呼してますが、実はあらゆる
「B級作品」に対するオマージュで溢れているような気が
するのも本作の特徴で、例の障害者アスリート「ブレード
ランナー」を思わせる義足の女暗殺者・ガゼルが
アクロバティックに闘う姿は「キル・ビル」や「プラネット・
テラー」も同時に連想するし、「ここで一日中立っている
つもりか?それとも闘るか?」という台詞は「レザボア・
ドッグス」のブロンドの名台詞のパロディのようで、
タランティーノ作品に妙にオマージュが捧げられている
かと思えば、わけのわからない理由で大量殺戮に走る、
漫画から飛び出してきたようなキチガイヴィランを
サミュジャクが演じた作品と言えば「アンブレイカブル」、
果ては何故だかキューブリックの「シャイニング」みたいな
展開も見受けられたりして、漫画や映画の知識が
あればあるほど元ネタ探しが楽しめる作品な気がします。
そういう意味で言えば、スパイ映画自体はあんまり好きじゃ
ない、自分の知識のなさが今回非常に悔やまれました…

マークミラー原案作品とか、アメコミ原作映画とかより、
古き良きパルプ作品を現代の技術を使って全力で
再現してみたという馬鹿っぽさの方が趣として強くて、
それが間口の広さになって今回全世界で絶賛の
嵐を巻き起こす理由になったのではと考察します。
なので、「ウォンテッド」や「キック・アス」その他
アメコミ映画好きな人に留まらず、B級映画、
馬鹿映画が大好きならば観ておいて絶対損はなし!

アメリカのために!

新作レンタル「フォックスキャッチャー」を鑑賞
しましたので、本日はこの作品をレビューします!

シュルツ兄弟は二人揃って金メダリストとして
かつては一世を風靡した存在だったが、実力・
コーチング能力・人気全てにおいて兄のデヴィッドに
頭一つ落ちるマークの生活は底辺を極めていた。
そんなある時、彼は大富豪のジョン・デュポンが
設立したというチーム「フォックスキャッチャー」に
招致され、これこそがチャンスだとばかりに
飛びついたマークは、ジョンの期待に応えるように
メキメキと頭角を現し、再びメダルを手にする。
しかしたった一つの成功が彼に堕落をもたらし、
そしてまたデュポンの精神にはとある問題が
秘められていたこともあって、二人の歯車は
徐々に狂い始めていき…というのがあらすじ。

「事実は小説よりも奇なり」とは言ったものですが、
センセーショナルな実在の人物にスポットを当て
「カポーティ」や「マネーボール」といった佳作を世に
送り出してきたベネット・ミラーが今回描いたのは、
大富豪と兄弟が一つのレスリングチームを巡る
上での衝突と、三者三様の栄光と挫折の様でした。
その熱きスポーツドラマと冷徹なスリラー&クライム
ムービーの両面を演出するにあたり、チャニング・
テイタムとマーク・ラファロ、スティーブ・カレルの
三人がスクリーン上で激しく火花を飛ばします!

「メダルだけでは食べていけない」という悲惨な
懐事情は実は日本だけではなくアメリカも同じで、
だったら富豪が例え道楽だとしてもきちんとした
サポーターになってあげるのはいいことじゃないか、
なんて話もほどほどに、本作では「チーム」が一つに
結束することの難しさをありありと描いています。

登場人物であるマークには「葛藤」、ジョンには
「狂気」、デヴィッドには「家族愛」のテーマが
それぞれ割り当てられていて、全員が「メダルを
獲りに行く」という目的こそ一致してはいても、
その先にある利害がてんでバラバラなために、
得られたパイをどういう理屈で、そしてどういう
切り分け方をするかを各人が頭の中で計算した
結果、本来はシンプルなはずの一つの勝利が
どういうわけか複雑な様相を示していきます。

マークはコーチを兼ねている兄のデヴィッドに
手柄を独り占めされたくなく、一人でも勝てると
証明したくて躍起になり、ジョンは自らが成し得
なかったレスリング金メダリストの夢をチームの
選手に投影し、まるで自分が一人で栄誉を勝ち
取ったかのようにして世間に権威を誇示したい。
そんな自己顕示欲と名声の奪い合いが邪念と
なってメンタルの障害となり、囚人のジレンマか
はたまた強欲は袋を破ると言うべきか、二人は
あるべきポジションを見失うことでかえって勝利への
道が益々遠のいてしまうわけですが、こういうことは
程度の差こそあれ現実にあるあるすぎる問題すぎて
おつらぁい話ならば、ただ一人「妻と子に安定した
暮らしをさせてあげたい」「弟を勝たせてあげたい」
という純粋な一念の下、二人の間に立って苦労する
デヴィッドお兄ちゃんが一番の犠牲者となるのも、
皮肉が効きすぎてやるせない気持ちになります…。

基本的には「かつてこんな凄惨を極めた事件が
実在した」という伝記映画なのですが、別の視点では
「個人を色眼鏡で評価してはいけない」「能力以上の
ことはしない、必要以上のものは求めない」といった、
本来の人間としての立ち居振る舞いに関して、
改めて襟元を正すための教訓を含んだ話として
観ることもできるありがたい映画だと思うのですよ。
冷淡な事実を語りながら、一方では人間の持つ
可能性やその暖かみを提示するという意味では、
「カポーティ」や「マネーボール」に正しく続く作品に
間違いないし、監督のファンのみならずスポ根
映画好きならば是非オススメしたい逸品でした。

どっちゃの、先生?

新作レンタル「インヒアレント・ヴァイス」を鑑賞
しましたので、本日はこの作品のレビューをば!

カリフォルニアで私立探偵を営むラリーの元へ、
ある日突然かつての恋人・シャスタが現れる。
彼女は現在不動産王・ミッキーと愛人関係にあり、
そのことが原因で彼や自らの命をも危ういトラブルに
巻き込まれたためラリーへ助言を求めに来たという。
ラリーは状況を洗い出すため早速調査に乗り出すが、
それは個人が手を出すにはあまりに大きすぎる
ヤマだった…というのがおおまかなあらすじ。

既に巨匠の領域に入っていると言っても差し支えない
であろう映画監督、ポール・トーマス・アンダーソンが
前回の「ザ・マスター」に引き続きホアキン・フェニックスを
主演に据えて製作された本作は、70年代の西海岸で
ヒッピーくずれの探偵が底の見えない闇を垣間見、
そして引きずり込まれていくサスペンス・スリラー。

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド以降、人間の作り出した
あまりに深すぎる闇や業にテーマを絞り、そしてまた
ザ・マスター同様に巨大なカルト組織への興味を
表面化させたような内容の本作では、あまりに肥大化した
コミュの中でお互いがお互いに噛み合い利用することで
回転する歯車のような奇妙な共生関係が築かれており、
際限なく風呂敷が広がり続けながらも、誰かが誰かを
利用する傍ら、その誰かもまた誰かに利用されている
という性質のために、話としての全ての罪を背負って
くれるような都合のいい「真の黒幕」は存在しません。
そんなんだから、滅茶苦茶わかりにくい話なんですけどね!

タイトルの「インヒアレント・ヴァイス」とは直訳すると
「生来備えた悪」であり、そんな人間性悪説を前提として、
終盤で明かされるダブルミーニングと共に救われない
破滅の未来へ突き進むのかと思いきや、ここでまた
ザ・マスター同様に闇の中でもがく人間の一筋の光、
個人が個人を思いやることができればいつかは世界も
よりよくなるという性善説を説いたことこそが、監督の
最も描きたかったメッセージなのではないでしょうか。

麻薬絡みのコネクションや全容の見えない巨悪という
構図、作品全体から溢れる質感は「ノーカントリー」や
「悪の法則」のコーマック・マッカーシーが原作や脚本に
関わった作品を思わせ、両作品に共通する「全ては
神の意思かはたまた単なる偶然に過ぎない」という観念に
対し、「そんなわきゃあねぇよ人間だってきっと世界を
変えられるに決まってる」というアンチテーゼを示したい
のかなという雰囲気も感じられたように思えます。

まぁ~とにかく難解だしキャラの相関さえ掴むのが
一苦労なら自分が話をきちんと理解できているのか
どうかも怪しい本作ですが、ホアキン・フェニックスを
はじめとしてジョシュ・ブローリンやオーウェン・
ウィルソン、ベニシオ・デル・トロといった通好みな
面子が顔を揃えたアンサンブル作品としての趣も
あって、豪華な面子が自然な立ち振る舞いで次々と
スクリーンにスッと割り込んで来るのは素直に楽しい。

でも、まあ、その…元々難解な作品に定評のある
監督の作品で、「ゼア・ウィル~」「ザ・マスター」の
時点で結構ギリギリだったのに、今回はもうかなり
ブッチ切っちゃった感じで、ファン以外の人が観たら
「意味わかんねーなこれ!」とクソ認定されても
ちょっとしょうがない部分あるんじゃないかな!
プロフィール

マイケル・チバ

Author:マイケル・チバ
シルバーレイン
マイケル・チバ(b30277)
薬師寺・米(b41960)
を経て、
現在はエンドブレイカー!
マーヴィン・ジェント(c06527)
にて稼動中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。