スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チタン製の赤ん坊

新作映画「チャッピー」を鑑賞してきましたので、
本日はこの作品のレビューをしたいと思います!

2016年、未だに犯罪が悪化の一途を辿る南アの
ヨハネスブルグはロボット警察の導入を試みる。
ドロイド供給元である兵器会社のトランスバールは
これにより大躍進を遂げるが、AI開発者である
ロボット工学の権威・ディオン博士の理想は
世界初の自立型人工知能の開発にあった。
念願叶ってプログラムに成功した彼はその成果を
どうしても試したくなり、会社の規約を破り廃棄が
確定したドロイドを一体密かに持ちだしてしまう。
ところがそのタイミングで彼はギャングに拉致
されてしまい、「強奪用無敵のギャングロボ」として
ドロイドを組み立てるよう強要されるハメに…
というのがおおまかなあらすじ。

「第9地区」の突飛な世界観で全世界を魅了した
ニール・ブロムカンプの最新作は、高度に発達した
テクノロジーから生み出されたAIを中心に巻き起こる
大騒動と、そのAI自身の悲劇を描いたSF映画。
ドロイド開発が作品の発端ということで、見ように
よっては同監督の前作「エリジウム」の前日譚とも
捉えられ、ファンとしては設定にニヤリとするのでは?

さておき、「暴徒鎮圧用ドロイドが」「赤ん坊並の
知能からスタートして」「ギャングに育てられる」という
三倍満みたいな状況から話が転がっていく以上、
ブラックジョークを交えたバイオレンスアクションが
展開されていくのかと思いきや、観客の予想に反し
実はAIなんかより人間の方が遥かに恐ろしいという
現実がありありと描写され、その様はまさしくAIの
ガワを被っただけの「シティ・オブ・ゴッド」。

「ニール・ブロムカンプという監督の発想はユーモアに
溢れていて楽しい反面、あまりに悲観的すぎて話していると
こっちが自殺したくなってくるんだ(マット・デイモン談)」
というエピソードを思い出さずにはいられないぐらい、
本作からは監督の意図するところがダイレクトに透けて
いて、それはピケティなんちゃらが最近提唱したことで
話題になり、実際にデータとして如実に表れている
「拡大する貧富の差」の現実であり、その螺旋構造が
一体どうして構築されるかが提示されています。

科学の落とし子「チャッピー」は余りある才能に溢れ
ながらも、育ての親であるギャングには「絵筆なんか
いらない、捨てろよ」とバキ折られ、「強奪して親を
喜ばせろ」と銃の撃ち方や車の盗み方を教えられる。
一方で富裕層の関心と言えば己の保身や株価の
動向ぐらいなもので下々のことなど一切意に介さない。
こうして引き起こされる無知からの虐待、無関心からの
ネグレクトによって子供が犯罪者へと調教されていく
過程が実にわかりやすく解説されているわけですが、
それは同時にチャッピーがひたすらに言われのない
暴力を振るわれ続けることも意味しているので、作品は
露骨な悪意に溢れていて胸糞悪い不快感半端ない!

最終的にはテクノロジーの暴走が一つの突然変異、
或いは奇跡を起こすことによって人間の進化の
可能性を示唆することになるわけですが、「her」の
ような「人間もいつかは神になれる」という希望に
満ちたメッセージというよりは、「生物都市」や「人類
補完計画」のような「地球がもたない時が来ているから
人間の生物としての在り方そのものを変えないと
どうにもならない」という悲観に溢れているのもまた
監督の悲観論が前面に出ていてこれは死にたぁーい!
ニール・ブロムカンプはほんと心の底から人間で
あることやめたがってんだろうなってのがすごくよく
わかるんですけど、そのうち拳銃とかで自分の頭
フッ飛ばしたりするんじゃなかろうかって心配になる。

クライマックスにはちゃんとカタルシスが用意されて
いて、アーマードコアみたいな動きする遠隔操作ロボ
「ムース」のオーバーキルっぷりと「ああこりゃ不採用に
なるわ」っていうポンコツぶりに吹かされたりして、
終わってみればなんだか面白い物を観ていた気分には
なるんですけど、前述の通り上映中は尋常でない
嫌悪感やムカつきがつきまとうし、導入部分は長尺の
くせになかなか本題に入らないので話が見えないし、
いよいよ監督の押し出すメッセージ性も露骨になって
きているということで、エンタメ性については正直
置いてきぼりになってる部分もかなり大きく、あんまり
褒められた出来でなければ気軽にオススメできる
内容にもなっていなかったりする気がします。

それでも、「混沌」という言葉が相応しいエネルギッシュな
作品を打ち出してくる監督の作風や世界観は
なんだかんだ言っても大好きだし、次回作があれば
やっぱり機会を見つけて劇場に足を運ぶと思います。
というわけで、多分今回も酷評は少なからず
ついて回るだろうけど、俺は応援してるし次も
期待してるぞニール・ブロムカンプ!頑張れ!
スポンサーサイト

また引っかかった

新作レンタル「西遊記~はじまりのはじまり~」を
鑑賞しましたので、本日はこの作品のレビューをば!

仏門の修行僧である玄奘は、見習い妖怪ハンターである
己の非力さ故の犠牲者たちに対し、常に心を痛めていた。
そんな彼はある時無謀にも最高クラスの賞金首・
猪剛烈に戦いを挑むも結果は当然敗走、玄奘より
強力な妖怪ハンター・段の助けにより難を逃れる。
彼は状況を打開すべく師匠に教えを乞うと、五指山の
麓に住むという妖怪の中の妖怪・孫悟空を従えよと
命じられ、険しい道のりを旅することになるのだが…
というのがおおまかなあらすじ。

「少林サッカー」のヒットから「カンフーハッスル」を
経た後はあまり日本で名を聞くこともなくなった
チャウ・シンチーが今回挑んだのは、「西遊記」の
オリジンをテーマとしたアクションエンターテイメント!

日本人にもプロットそのものは非常に馴染み深い、
中国の古典的伝奇小説に独自の味付けを施し
本国で大ヒットを記録したという話ですが、なるほど
監督のスタイルが設定や世界観と実によくマッチ。

しつこいぐらい繰り返される天然でベタなナンセンス
天丼ギャグ同様に彼が得意とする、イケメンだろうが
女子供だろうが全く手心を加えない、むしろかえって
容赦しない描写スタイルが作品の無常感をよく表せて
いて、またその一方では単なるおちゃらけた話に終始
することなく、「悪を全て『悪』と断じこの世から切り離す
ことが果たして本当の『善行』なのか」「愛とは何かを
知った上で、その喪失を味わった者だけが真実を語る
ことができる」といった、アジアの宗教観溢れる悟りの
ための禅問答が盛り込まれていることを感じ取れ、
これまでおバカな色合いの方が強かった監督の作品に、
バランスや調和を知ったという成長を見た気がします。

西遊記の原典を読んだわけではないので、これ多分
オリキャラ?なんだよね?という個性豊かなキャラも
皆いい動きをしていて、監督いつもの可愛くデザイン
する気が全く感じられない肉食系ヒロイン・段さん
(手下の女道士の方がエロ可愛い)や、賞金稼ぎで
腕っこきの妖怪ハンターなんだけど頭が虚弱な
空虚王子とかがキメる時はキメる、ハズす時はハズす
メリハリある造形で楽しませてくれる一方、情けない
モヤシ男の玄奘が成長していくストーリーや、彼が携える
妖怪退治アイテム「童歌三百篇」に隠された秘密、
どう見ても頭がハゲ上がっただけのくたびれた冴えない
おっさんでしかない孫悟空、そのおっさんが満月で
覚醒してゴリラになるとかドラゴンボールじゃねえか!と
あれこれ盛り込まれた新解釈も新鮮で目に楽しい。

「あっ知ってる知ってる!西遊記ってこんな
とっちらかった話なんでしょ!」という感じで、
とりあえず面白い新キャラを突然ブッ込んできて
耳目を引いておきながら、作品全体で見れば
かなりきちんとまとまった作りをしているので、
これが今の監督の実力なのか、それともたまたま
奇跡の出来を誇ってしまった一本なのかはわかり
かねますが、チャウ・シンチーまだまだ健在!という
存在感を示してくれた一本にも違いはありませんので、
彼の次回作も改めて期待して待ちたいと思います。
西遊記の続編じゃなくてまたオリジナルとかでもいいよー。

GORE & PEACE, LOVE & DEATH.

新作レンタル「ホラー・シネマ・パラダイス」を鑑賞
しましたので、本日はこの作品をレビューします!

子煩悩な父親から銀幕スターとしての素質を期待され
育ったデボラはその実鳴かず飛ばずで、彼が没した後は
図書館のアルバイトをしながら、彼の遺産である劇場で
ホラー専門のレイトショーを上映し細々と食い繋いでいた。
そんなある時、父の悪妻が突如姿を現し、劇場の
土地を売って小金に変えるのだとデボラにサインを迫る。
口論の末に激昂したデボラは母親をペンで刺し殺してしまい、
その上どういうわけか彼女は上映で映写機の操作を誤り、
監視カメラに収められた犯行の様子を観客に流してしまう。
ところがこれを斬新な短編映画と勘違いした観客たちは
拍手喝采、しかも悪妻の死に溜飲を下げた映写技師の
トゥイグスが自主制作映画と言い張り追い打ちをかける。
当のデボラも味をしめ、更なる「新作映画」を撮るため
「役者探し」を始めることとなるのだが…というあらすじ。

そもそも私が本作をレンタルするきっかけになったのは
ソフトのキャッチコピーが「『ピンク・フラミンゴ』のジョン・
ウォーターズも絶賛!」という、どういう方向に向けて
いるのか全くわからないアピールだったからに他ならず、
実際にディスクをセットし再生してみれば、悪趣味を
超えたフリーキーなブラックジョークから畳み掛ける
ようにZ級映画のポスターを模したクールなOPロールと、
冒頭で早くも名作の予感をヒシヒシ感じさせてくれます。

『ピンク・フラミンゴ』のディヴァインを彷彿させる、
厚化粧の中年女が血相を変えて刃物を振り回し、
『セシル・B・シネマウォーズ』よろしく究極の映画を
求めて独りよがりな創作活動にひたすら耽るってな
お話なので、確かにこりゃあいかにもウォーターズが
好きそうだし彼の影響も伺える気がするのですが、
わかりやすい範囲でもピージャクにタランティーノ、
ヒッチコックからキューブリックとホラー映画に対する
愛と知識と作り込みが垣間見え、ただの奇をてらった
トンデモ映画ではない内容も裏打ちされています。

脚本の計算されたとっちらかり具合や迷走ぶりも
実によくできていて、デボラの標的は単純に自分に
とって不快な人間を排除するだけだったのが、
途中から本来なら罰するべき側の人間を「優秀な
スタッフ」として雇い入れ、範囲を拡大させていきます。
しかしこれでもただキチガイやクズがつるんで
同じようなクズを殺しているだけで済んでいたのが、
あまりに手広くやりすぎた結果「善人」にまで魔手が
及ぶと、話としては俄然全く笑えないシリアスな空気を
帯びてくる…というスイッチの切り替えが特に秀逸。
社会には娯楽に貪欲でそれ以外のことに関しては
びっくりするぐらい鈍感で無能な人間がいるという
皮肉を効かせつつ、その一方では映画と現実の
区別ぐらいちゃんとできるんだという善良な、或いは
「本来そうあるべき」人間の姿も描き、それぞれの
存在や立場をきちんと線引きしているのが好印象。
それらの要素を踏まえた上で、「童貞」「処女」「母親」に
手を出した殺人鬼が一体どうなるのかという、ホラー
映画における「お約束」へと繋がることにもなるのだから、
鑑賞後は異様な満足感や感動にうち震えます。

あまりに底が抜けたバカな登場人物たちがバカな
ことをやらかしてそのバカさ加減に全く気づかない
バカ映画という内容故に、ホラー映画界に一石を
投じた問題作「ホステル」同様、「人間が痛めつけ
られるところを観て一体何が楽しいのか」という
禅問答のような側面も持っていて、こっちが勝手に
深読みしているだけだという可能性も否めませんが、
過激な作品を求め貪り続ける観客というのは
スクリーンの前にいる我々もまた申し訳できない
同様の存在であり、やはり時には娯楽とは何かと
改めて一考する余地があるように思えるのです。

なんだかあんまり「これは名作だ!」ともてはやすと
期待値を上げてしまい、他人からしたらクソ映画
認定されやすいような気がするので、「いや、やっぱ
ひっどい映画だよこれ!」ってことにしておきます。
でも、クソ映画を覚悟して観たら個人的には
意外すぎるほどの収穫が得られたってだけで、
別に他人にとってはクソ映画でもいいよね、だって
Z級映画模して作られたZ級映画なんだもの!
そういう反則気味な開き直りもできる死角のなさも
含め、実にいい趣味や根性してる映画だと思います。

上等じゃないか

新作レンタル「ダバング 大胆不敵」を鑑賞
しましたので、本日はこの作品のレビューをば!

裕福な家の連れ子・チュルブルは出来の悪い弟・
マッキーに財産全てが相続されることに対し己の星の
生まれを呪っていたが、しかしそれから21年後、
彼が型破りな警察官・通称”ダバング”としてメキメキ
昇進を重ねるのとは対照的に、弟は自堕落なまま
実家の工場は借金にまみれ経営は火の車だった。
一方、チュルブルが追う犯罪にはダヤン大臣の
腹心であるチェディの影が見え隠れしており、
自らのシマから金をかすめ取って行く彼の存在は
チェディにとって看過できないものとなっていた…
というのがおおまかなあらすじ。

ラジニ様主演による「ロボット」でVFXとアクションの
融合も可能だということを全世界に知らしめたことも
記憶に新しい、歌って踊れるインド映画界”ボリウッド”。
多種多様な進化を遂げ今まさに高度成長期にある
そんな界隈が今回お送りするのは、荒くれ刑事の爽快
かつハチャメチャな活躍を描いたアクションコメディ!

自らの複雑な身の上から非常に金銭欲・出世欲に
溢れたハングリーな少年が成長し、出来上がった
のはレイバンにチョビ髭というマッチョガイ、一度
惚れた女にはストーカー寸前、職権乱用待った
なしのとことんアピールをかます熱血恋愛という、
今や絶滅危惧種のコテコテな主人公像が逆に新鮮。
アクション面でも「何故今になって!?」という
マトリックスのパロをかますヘナヘナなVFXを見せる
一方で、火薬を使ったド派手なパフォーマンスも
披露し、良くも悪くもバブリーなビデオセラー時代を
彷彿とさせるB級臭溢れる演出の連続におじさん歓喜。

インド映画ならではの合間合間に挟まるダンスも
本編と完全に切り離された存在ではなく、弟が犯行に
及ぶ瞬間や敵の本部へ飛び込むシーンといった、
作品のターニングポイントや盛り上げる部分で
効果的に使用されており、「えっこれ登場人物の
心象風景じゃなくてこいつら実際に踊ってんの!?」
という何処まで狙ってんのかそれとも天然なのか
わからない描写方法も、あまりインド映画に
詳しくない方からするととても新鮮に映ります。
脚本面でもアジア的な宗教観というかアトモスフィアに
溢れていて、「因果応報」を巡り禍福はあざなえる
縄の如く、家族の愛憎劇や主人公と悪人の切っても
切れない奇妙で皮肉な関係、そしてそれらの真相が
暴かれる過程もよく練られており、妙味があって面白い。
そこで「子供の幸せを願うばかりに犠牲になる親たち」
という演出はいいんですが、天丼みたいに全く同じ
様式と構図で何回も葬式挙げるのはよそうよ!?
これもギャグなの!?って疑いたくなるから!

ダンス部分を取り除けば、あくまで一昔前の
ハリウッド系B級アクション映画という印象に
留まっているのは確かなのですが、ダンス要素を
取り入れたインド映画だからこそ、そして高度
成長期にある「今の」インド映画だからこそできる
奇妙なパワーに満ち溢れたエネルギッシュな作品。
「ロボット」のような予算も話のスケールも規格外の
作品や、「きっと、うまくいく」や「めぐり逢わせの
お弁当」のような感動のヒューマンドラマが続々と
産み出されているその横で、こんな(良い意味で)
くっだらないバカ映画もちゃんと作られているという
のを見ることができるのは安心するし勉強になります!
プロフィール

マイケル・チバ

Author:マイケル・チバ
シルバーレイン
マイケル・チバ(b30277)
薬師寺・米(b41960)
を経て、
現在はエンドブレイカー!
マーヴィン・ジェント(c06527)
にて稼動中。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。